MENU

突然予想もしていなかった出費は誰にでもあるもので、そんな時の為に最低知っておきたいキャッシングとカードローンの知識です。
そもそもキャッシングとカードローンはどう違うかというと、一言でいうと「返済方法」の違いになります。キャッシングは翌月についた利息と共に一括返済という支払ですが、カードローンの方は分割返済(リボルビング払い)になります。もちろん分割返済の方が長期間借り入れ状態が続くので利息は高めになりますが、ひと月の返済額が低いので、負担は小さいです。
広告などに掲載されている「金利」は一年間借りた場合のもので、実際はその年利÷借りていた日数になります。1万円を年利18%で一か月借りたらひと月に147円の利子が付き、支払総額は1万147円になります。
カードを取り扱う会社によって審査方法も内容も様々ですので自分に合ったところを探さなければいけません。
初回利用なら一定期間一定額無利息というのもあり、お得なものもあるのでネットの広告などで検索して比べてみるのもいいでしょう。

 

イオンが提供しているカードローンって?

日常的な買い物として大手スーパーのイオンを利用している人はとても多いと思います。
イオンがないと生活が成り立たない地域というのもめずらしくありませんが、イオンではスーパーだけではなく銀行業も営んでいます。

 

しかしイオン銀行の店舗を見たことがないという人もいるかもしれません。楽天銀行やソニー銀行のように完全にインターネット上にだけ店舗があるのかというとそうれではなく、きちんと窓口が存在します。
銀行だけの独立した店舗こそ持っていないもののスーパーのイオンの中にイオン銀行の窓口があって、普通の銀行と同じく預金や融資はもちろん保険業なども行っています。
とはいえ、すべての銀行サービスを提供しているわけではなく、一般的な銀行と比べるとイオンショッピングセンターの利用者を対象にしたサービスに特化しています。
イオン銀行の中心的なサービスのひとつにカードローンがあり、多くの人に利用されています。
買い物にクレジットカードや電子マネーを利用する人もずいぶんと増えていますが、それでも現金が必要なケースというのは少なくありませんね。
例えばクレジットカードの場合、一括払いではなく分割払いをすると金利もだいぶ高いため、カードローンの金利の方がお得な場合もあります。
イオンのカードローンは本人に収入がなくても50万円までは申し込むことができ、100万円までなら収入証明書も不要となっています。
金利は3.8%〜13.8%となっていて、月々の返済も3,000円から可能なため、とても利用しやすいカードローンのひとつとなっています。

 

すぐ借りたい